CHERYL LYNN - It's Gonna Be Right

カタログ # LD-0020
販売価格

1,650円

購入数

Track Listing:
SIDE ONE:
1. Fidelity (4:50)

   Produced by Jimmy Jam and Terry Lewis for Flyte Tyme Productions, Inc.
2. Fade To Black (6:32)
   Produced by Cheryl Lynn
   Coproduced by Todd Cochran

3. Love's Been Here Before (3:18)
   Produced by Monte Moir for Flyte Tyme Productions, Inc.
4. It's Gonna Be Right (4:02)
   Produced by Jimmy Jam and Terry Lewis for Flyte Tyme Productions, Inc.
SIDE TWO:
1. Let Me Love You (5:50)

   Produced by Hubert Eaves III
2. Find Somebody New (4:06)
   Produced by Hubert Eaves III
3. Loafin' (5:14)
   Produced by Cheryl Lynn
   Coproduced by Todd Cochran

4. Slipped Me A Mickey (4:18)
   Produced by Cheryl Lynn
   Coproduced by Todd Cochran

5. Tug 'O' War (4:57)
   Produced by Cheryl Lynn
   Coproduced by Todd Cochran

   Executive Producer: Wayne Edwards


■ ディスコ・ディーヴァ、シェリル・リンの通算6作目にしてコロムビア・レーベルからの最終作となったアルバムで、翌1986年にジャネット・ジャクソンのプロデュースで一躍スターダムを極めるプロデューサー・コンビ、ジミー“ジャム”ハリス&テリー・ルイス擁するフライト・タイム・プロダクションを筆頭に、エムトゥーメイ初期のメンバーで、D. トレインを手掛けたヒューバート・イーヴスといった複数のプロデューサーを起用したヴァラエティ豊かな内容。本国では「フィデリティ」と「フェイド・トゥ・ブラック」がシングルカットされましたが、ここ日本ではタイトル曲「ゴナ・ビー・ライト」がシングル発売こそされなかったものの、アルバムからのカットプレイで六本木界隈のディスコを中心にヒット。曲は往年の代表作で天下無敵のディスコ・クラシック「ガット・トゥー・ビー・リール」を、ジャム&ルイスのミネアポリス・サウンドでヴァージョン・アップさせたソウルフルなミディアム・ダンサー。彼女一連のディスコ・ヒットの中で最高傑作に推すDJも少なくない名作です。

  • loading

    loading

    loading

    0:00

購入の手引き
From Staff's

Kay-Gee
あの日あの時・・・ ダンスフロアでときめいた思い出の一曲を探してください!
Shop Blog
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら
フェイスブック ツイッター
バーコード ↑携帯サイトはこちら↑