VARIOUS ARTISTS / Totally Wired 5 - A Collection From Acid Jazz Records

カタログ # CL-0004
販売価格

3,080円

購入数

Track Listing:
SIDE ONE:
1. JAE MASON - Let It Out

   Produced by Stan Vincent
   Licensed from Castle Communications

2. WILLIE & THE MIGHTY MAGNIFICENTS - The Funky Eight Corners
   Produced by The Staff
   Licensed from Castle Communications

3. OUTLAW POSSE - Original Dope (The Richie Rich Instrumental)
   Produced by Karl Gordon and Isaac Bellow
   Licensed from Gee Street Records

4. PRESSURE POINT Featuring P.P. ARNOLD - Dreaming
   Produced by Steve James
5. THE EXPLOSIONS - Shuffle Bump
   Produced by James Johnson
   Licensed from Greedy Beat Records

SIDE TWO:
1. NATHAN DAVIS - Tragic Magic

   Produced by Nathan Davis
   Licensed from Luv and Haight Records (San Fransisco)

2. GREG FRANKS - Understand
   Produced by Chris Bangs for Thin Air Productions
3. THE APOSTLES - Mercy Mercy Me
   Produced by John Willmott
4. THE STONE COLD BONERS - Too Damn Hard
   Produced by Skatemaster Tate

■ アシッド・ジャズの名付け親であることは勿論、そこから幾多のエヴァーグリーンを世に放った、“ACID JAZZ”レーベルからの入門編コンピ『TOTALLY WIRED』シリーズの第5弾。シルヴィア・ロビンソンが書いた「The Funky Eight Corners」のカヴァーや、リッチー・リッチのリミックス・ワーク冴えるファンキーブレイク「Original Dope」、「ジャズで踊る」というアシッド・ジャズの基本姿勢を体現したサックスメインの「Tragic Magic」等々、インストからヴォーカル、ラップ物まで本盤も傑作・力作揃いですが、中でもひときわ鮮烈に耳を惹くのはマーヴィン・ゲイの名作をスウィングビート・トラックに乗せ、アルト&ピアノがメロディを綴った、ジ・アポストルズ「マーシー・マーシー・ミー」でしょう。抜けるように爽快な疾走感にセンチメンタルな感情をも呼び起こすサックスの音色を溶け込ませたアーバン・メロウな秀作。JTQやパーセプションズにも参加したサックス&フルート奏者のジョン・ウィルモットと、キーボード奏者のジョン・ダットン、そしてアーサー・フレッドのユニットが唯一残したアルバムからの一曲でシングルカットはされていません。

購入の手引き
From Staff's

Kay-Gee
あの日あの時・・・ ダンスフロアでときめいた思い出の一曲を探してください!
Shop Blog
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら
フェイスブック ツイッター
バーコード ↑携帯サイトはこちら↑